8/24集会へのご来場、まことにありがとうございました

8/24集会へのご来場、まことにありがとうございました

8月24日の本会主催「死刑執行に抗議し、オウム事件についてもう一度考える」集会には、300名近い方々がご参加くださいました。猛暑が続く中、貴重なお時間を割いてお運びくださった市民のみなさまはじめ、ご登壇者ならびにメディア関係者のみなさまに、厚く御礼を申し上げます。

集会当日は、当会の趣旨への賛同・反対にかかわらず、多くのご登壇者によるさまざまな観点からのご提言をいただき、多くの議論が交わされました。
また、それらを受けて、会場の多くのみなさまが、お配りしたアンケート用紙に貴重なご意見をご記入くださいました。
オウム事件、そして7月に行われた死刑執行に対して、多くの方々が疑問や関心を持たれていることを改めて認識し、同時にわれわれ会一同、深く勉強させていただくことともなりました。
たくさんのご意見やお考えを頂戴できましたことに、深く感謝いたします。

幣会は、すでにお知らせしたとおり、当初の設立目的が断たれたために、本集会をもって解散といたします。
しかしながら、この事件を後世の教訓とするためにも、今後もこの問題についての多角的な議論が、私たちの社会の中で継続的になされていくことを願ってやみません。今回の集会がそのための一助となるならば、これほど幸いなことはございません。

日程の都合上、ご参加が叶わなかった方々もたくさんいらっしゃいましたので、当会ホームページを今しばらくの間継続させていただき、後日集会の映像を掲載いたします。より多くの方々にご覧いただけることを望んでおります。

最後に、本集会において、参加した一部のメディアによる深刻なルール違反がございましたことを、ご報告いたします。この件は、当集会の本論とはまったく無関係のものであり、真摯な目的をもって集会に参加されたみなさまに、ご不快な思いをさせる結果となってしまいましたことを深くお詫び申し上げたく、また同時に、当該メディアに対し、強く抗議いたします。

この件に関しての概要は、次ページにございます。ご必要な場合は、お目通しくださいませ。

■関連記事:8/24集会における一部メディアのルール違反のご報告

2018年8月28日 オウム事件真相究明の会